オリジナル紙袋ベストチョイスHOME > 自由に選べる紙袋の製作素材 > 使用できる紙袋の用紙

紙袋の基本は用紙選び。ナチュラルにもエレガンスにも。

仕様用紙で仕上がりの雰囲気はガラリと変わります。ナチュラルな雰囲気でイメージされる用紙とすれば、やはり未晒(ミサラシ)クラフトです。紙の持つ特徴がとても活かされた手提げ袋の仕上がります。晒(サラシ)クラフト、もしくは、片艶晒(カタツヤサラシ)は通好みの雰囲気が演出できます。紙袋用紙を上手くセレクトして希望通りの紙袋を作ることが出来ます。

こだわりの強いお客様には紙袋ベストチョイスのベストチョイスオーダーがお勧めです。ベストチョイスオーダーは紙袋のサイズから用紙・デザイン、提げ紐まで様々なタイプからベストな組み合わせを選んで頂くことが出来るまさにフルオーダーと呼ぶにふさわしい作成プランです。

紙袋ベストチョイスでは、晒しクラフト、コート紙、未晒しクラフトなど数種類の用紙を揃えており、お客様の作りたい紙袋のイメージに合った用紙をチョイスして頂くことが出来ます。

自然の色合いが魅力の未晒しクラフト用紙

より自然な風合いがお好みの場合には、暖かみのある茶色、ベージュが特徴の未晒しクラフト用紙が適していると考えられます。
これぞ紙袋!といった風合いがありますので見た目にもしっくりして、中に入れる商品が何であれしっくりくる紙袋に仕上がることでしょう。

白色の晒しクラフト用紙はおススメ

白色の晒しクラフト用紙は最も良く使われている用紙で、価格もお手頃です。片面ににほんのりと光沢を出した片艶晒しクラフトもあり、微妙に違った中から検討して頂くことが可能となっています。
清潔感が演出できますので、女性向けの商品を入れるには適しています。

インクのりが良い用紙と言えば、コート紙

コート氏はインクの乗りが良いため、その他の用紙以上にきれいに発色する特徴があります。印刷の見せ方にこだわる方にはおススメの用紙です。紙袋ベストチョイスでは折れ目の紙割れを防ぐためにPPラミネートをプラスされることをお勧めしています。

事例総まとめ

オーダーの流れ