ホーム > 紙袋製作事例 > 町会様の紙袋の事例

だんじり祭りのために町会様からご注文いただいた紙袋事例です。 山車はお祭りのあいだ神様を招き入れ、居着いていただくためのもので地域によって様々な装飾が施されているそう。 それと同時に紙袋も地域専用のものを製作されました。 全員お揃いの紙袋を持っていると体感がうまれ、見た目にも一味違ったこだわりが感じられます。 山車の引手にはっぴや手拭いなどなにか配布するのための紙袋かもしれません。 マチは150mmとかなり広めなので、昼食の仕出し弁当も収められるでしょう。 大容量サイズで製作されたので、その用途は無限大です。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(小サイズ)
業 種 町会
枚 数 500枚
製品単価/枚 60円台〜
用 紙 片艶晒クラフト 100g/㎡
サイズ 幅270×マチ150×高さ200mm
印 刷 特色1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ PPヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

片艶晒クラフト紙を
薄くすればコスト削減に


用紙の中で最も安価な片艶晒クラフト紙を、更に薄くしてコスト削減を図りました。 厚さ100g/㎡は厚めのチラシや商品パンフレットなどで使用されます。 決してペラペラというわけではないので、ご安心ください。 高級感を求める場合には不向きですが、お祭りという期間限定での使用には何ら問題なく利用できるでしょう。


安価なPPヒモもオシャレな
デザインの一部に


コスト重視なら、迷わず最も安価なPPヒモをお選びください。 ふんわりと柔らかい手触りにしっかりとした太さがあり、しめ縄のような見た目もお祭りの雰囲気にはピッタリでしょう。 また下から徐々に薄くなっていくグラデーションの印刷に合わせて白色を選ばれたので、デザインの一部となってよく馴染んでいます。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

色の濃淡を駆使して、とても1色印刷には見えないオシャレなデザインに仕上がりました。 これだけ沢山の印刷技術を取り入れられたデザインも少ないので、お手本になる事例だったかと思います。 それでいて単価は60円台~と激安価格。 素材のチョイスなどスペックも合わせて参考にしてください。

416