ホーム > 紙袋製作事例 > 和菓子店様の紙袋の事例

京都府にある和菓子店様の紙袋事例です。 カステラが有名なお店様になります。 販売用のショッパーでしょうか。 規格サイズオーダー(大サイズ)は箱入りのカステラにピッタリな大きさです。 有名ブランドのモノグラムトランクのようなデザインで、和モダンな印象。 よく見るとお店のロゴと家紋が配置されています。 手土産として海外のお客様にも喜ばれそうな、オシャレなデザインです。 500枚と少数製作なので、日常使いようではなく季節限定や地域イベントなどで使用されるのかもしれません。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(大サイズ)
業 種 和菓子店
枚 数 500枚
製品単価/枚 110円台〜
用 紙 晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ260mm
印 刷 1色
表面処理 マットニス
提げ手 穴タイプ PPヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

晒クラフト紙は強度と印刷適正
を兼ね備えた白紙


晒クラフト紙は、米袋にも使用されるほど丈夫な未晒クラフト紙を漂白した白紙です。 大容量サイズの紙袋にはある程度の耐久性が必要なので、最適な用紙でしょう。 繊維が長いままなのでザラりとした優しい手触りが特徴。 印刷適正を心配される声が聞かれますが、細かな家紋もきちんと表現できているのでご安心ください。 和風の雰囲気にもよく合っています。


安心価格のPPヒモで
コスト削減を目指す


提げ紐には最も安価なPPヒモを選ばれました。 コストを見直すなら提げ紐から、というほど提げ紐は重要なアイテムです。 最安値の素材にするだけでかなりのコスト削減が期待できます。 反対にこのデザインで高級仕様にするなら、アクリル平ヒモがオススメ。 単価は跳ね上がりますが、オシャレな鞄のようになるでしょう。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

今回は表面処理にニス引きを使用しました。 ニス引きにもPP加工と同じく、光沢の有無で2種類があります。 今回は光沢のないマットタイプです。 繊細な違いなので、実査に見てみたい場合はサンプルをお送りいたします。お気軽にお問い合わせください!

448