ホーム > 紙袋製作事例 > 大学サークル様の紙袋の事例

前年に引き続き、大学の広告研究サークル様からリピート注文いただいた紙袋事例です。 ミスコン専用の紙袋になります。 前年は青色ベースの白抜きだったので、今回は色違いでの製作です。 毎年デザインは変更せずベースカラーだけ変えているのでしょうか。 グラフィックが固定だと、一目でどの大学だか分かってもらえるので宣伝効果が高まります。 今回の印刷カラーは、提げ紐に合わせて弊社が特色をお選びしました。 このように「提げ紐に合った色を」と指示いただければ、最善のものをご提案させていただきます。 上から下までピッタリと合った色味で可愛らしい世界観にまとめられました。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(中サイズ)
業 種 大学サークル
枚 数 600枚
製品単価/枚 80円台〜
用 紙 晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ280mm
印 刷 1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ PPヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

晒クラフト紙だから出せる
優しい雰囲気がある


晒クラフト紙は、サラリとした紙らしい手触りが特徴の用紙です。 表面に描かれている女性のふんわりと優しい雰囲気にベストマッチ。 淡い色合いともよく合いました。 白紙の中で光沢はないのはこちらだけ。 この独自の世界観を好まれる方が多いことから、紙袋製作においてメジャーな素材となっています。


ピンクのPPヒモで安価に
オシャレ度をアップ


PPヒモは荷造り用の紐として一家にひとつはあるような、とても身近な紐です。 それ故にどうしても使い捨てのイメージも強く、使用場面が限られてしまうことも。 しかしこちらのように可愛らしいピンク色なら、何の違和感もなくオシャレなイメージに仕上がりました。 白色や赤色などよく見掛ける色を避ければ、使い捨てのイメージとは繋がりません。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

600枚と少数製作でしたが、単価は80円台~と安価に収めることができました。 コストを見直す際、まず最初に提げ紐にご注目ください。 ひとつランクを下げるだけでコストカットになります。 取り付け方法を穴タイプからOFJタイプに変更するだけでもかなりの違いがあるので、ぜひお試しください。

454