ホーム > 紙袋製作事例 > 不動産仲介業社様の紙袋の事例

東京都にある、不動産仲介会社様の紙袋事例です。 先進的なライトグレーで全体を額縁のように縁どることで、スタイリッシュな印象に仕上がりました。 300枚と少数でのご注文でしたので、限定的な用途で使用されるのかもしれません。 上質な素材の組み合わせによるフルスペック仕様で、創立記念パーティーなど華やかな場で使用してもおかしくないほど贅沢な仕上がりです。 弊社オリジナルのA4サイズオーダーは、A4書類を収めるのに必要な幅の他に多少のゆとりを持たせています。 ノベルティグッズを同梱したり、資料を読みやすくファイリングしたり。 プラスアルファ自由で丁寧な使い方ができるようになっています。

この紙袋のスペック

プラン A4サイズオーダー
業 種 不動産仲介業社
枚 数 300枚
製品単価/枚 270円台〜
用 紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅280×マチ80×高さ360mm
印 刷 2色
表面処理 PPマットラミネート加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

ハッキリくっきりがお好みなら
印刷適正重視で


シルバーやグレーといった色味は、白紙と組み合わせるとややボヤけた印象になることがあります。 淡い色合いがお好みの場合はあまり気にする必要はありませんが、今回のようにハッキリと表現したい場合にはインクの沈みは無いに越したことはありません。 そこで上質なA2コート紙の出番。 写真さえも美しく再現できる印刷適正力で、思い通りのグラフィックに。


スマートな対応の秘訣は
提げ手の素材選びにあり


高級仕様の紙袋を使用する場面では、同時にスマートな対応も求められることが多いかと思います。 そこで重要になってくるのが、提げ手の素材。 ピンと自立していることで、紐を持ち上げる必要がなく受け渡しの動作がスムーズに。 ハッピータックはプラスチック製なので、もちろん自立します。 また刃物を用いらなければ切れないほどの強度で野外でも安心です。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

表面加工は光沢のないマットタイプのPP加工。 光沢のあるグロスタイプは華やかな印象になるので高級仕様のデザインとも相性が良いのですが、光の反射が強く印刷面が見えにくくなることことも。 特に今回のように淡い色味の場合には、マットタイプで印刷面を主張された方が宣伝効果が高くなります。