ホーム > 紙袋製作事例 > 不動産仲介業社様の紙袋の事例

大阪府にある不動産仲介業者様の紙袋事例です。 不動産売買の他にリフォーム事業も行われているそう。 今回は300枚と少数製作なので、内覧会や展示会など限定のイベント用かと思われます。 規格サイズオーダー(中サイズ)はA4書類がピッタリと収まる大きさです。 同じくA4書類向けの弊社オリジナルのA4サイズオーダーは幅に筆記用具などを入れるゆとりをとっていますが、それが必要ない場合や厚手の資料を入れるためマチが広い方が良い場合に、こちらがオススメでしょう。 とても目を引くデザインは、なんと1色印刷。 ベタ刷りや色の濃淡、複数の手法を使って表現されたグラフィックは、躍動感がありとても生き生きとしてます。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(中サイズ)
業 種 不動産仲介業社
枚 数 300枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 片艶晒クラフト 100g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ320mm
印 刷 1色
表面処理 PPグロスラミネート加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

安価な白紙も、
上質紙に負けてはいません


高い印刷適正と言えばA2コート紙を思い浮かべる方が多いのですが、こちらの片艶晒クラフト紙も負けてはいません。 片面にだけ平滑処理を施しているので、ツルリとした質感でインクの滲みを防ぎます。 写真の再現もできるほど。 今回の動きのあるグラフィックも鮮明に表現できました。 表面加工をプラスしたことで厚みも加わり、高級感のある仕上がりです。


一手間をラクにしてくれた、
提げ手の救世主


紙袋の口を閉じるとなると、テープで留めたり提げ紐を結んだり……どうしても一手間が必要になります。 そんな問題を解決してくれるのが、ハッピータック。 根元の凹凸部分をパチンと合わせるだけで、自由に開閉が可能になります。 来場いただいたお客様に資料配布する際、まごつかずにスマートな対応ができるでしょう。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

用紙を上質なA2コート紙から安価な片艶晒クラフト紙に変更することでコストを削減。 更に一般的な厚みは120g/㎡ですが、こちらは100g/㎡と、用紙を薄めに設定しました。 表面加工を施しているのである程度のハリもあります。 お客様に自信をもってお渡しできる紙袋となっているので、ご安心ください。