ホーム > 紙袋製作事例 > 不動産会社様の紙袋の事例

不動産会社様の紙袋事例です。 街にある不動産屋さん、ではなく投資家向けの不動産会社様になります。 規格サイズオーダー(大サイズ)で製作しました。 マレーシアに拠点を置き、不動産投資アドバイザー、マレーシアと日本の物件販売、リノベーションなど不動産に関わる事業を幅広く取り扱っているそう。 ひとつの取引で動く金額もきっと大きいことでしょう。 もちろん信用第一の職種でもあると思います。 そこで紙袋はフルスペックで高級感のある仕様に仕上げました。 重厚なつくりは、お客様へ安心感を与え、企業様へのイメージに直結します。 他社との差をつけるためにも、ここは手を抜けないところです。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(大サイズ)
業 種 不動産会社
枚 数 1200枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ450mm
印 刷 1色
表面処理 PP加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

A2コート紙のしっかりした厚みは
安心感の証です


高級感を出すなら、紙袋全体にハリをもたせてください。 A2コート紙は157g/㎡の厚みがあり、クラフト紙ベースの用紙120g/㎡に比べると明らかに違う上質さが演出できます。 しっかりとした重厚感のあるつくりに、頼りがいを感じられることでしょう。 また印刷適正もズバ抜けて高いので、どんなカラーも安心して任せられます。


ハッピータックの人気が高いのには
他にありません!


厚みのあるしっかりとした紙袋本体には、異素材のプラスチック製ハンドル・ハッピータックがお似合いです。 鋭利な刃物を用いらなくては切れないほど、強度の高いハンドル。 更に紙袋の口を閉じることができる凹凸がついているので、中のものを保護する力も万全です。 おのずとビジネスシーンで使われる紙袋のハンドルとして、常連の素材となりました。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

A2コート紙を使用した場合、印刷の割れを防ぐために表面加工が必須になります。 単価もその分上がってしまうので、起用の際はご注意ください。 今回は光沢のあるPPグロス加工を施しましたが、光沢のないマットタイプもご用意しております。 仕上がりイメージによってお好みでお選びください!