ホーム > 紙袋製作事例 > 不動産コンサルタント様の紙袋の事例

不動産コンサルタント様の紙袋事例です。 シェアオフィス開発・運営を中心に、一般的な不動産仲介・売買を始めとした不動産に関わる事業を幅広く展開されています。 製作枚数1000枚は日常使いでもイベント用でも消費される量です。 高級仕様なので、特別な日に使用するのでしょうか。 契約が決まったお客様へ資料と一緒に粗品を同梱してお渡しするのかもしれませんね。 ジャストニーズフルオーダーで、大きな紙袋を製作しました。 弊社の規格サイズ(大サイズ)よりも更に幅を30mm増やしたことで、サランラップのように長めの粗品定番グッズも余裕をもって収められます。

この紙袋のスペック

プラン ジャストニーズフルオーダー
業 種 不動産コンサルタント
枚 数 1000枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 コート紙 157g/㎡
サイズ 幅350×マチ100×高さ260mm
印 刷 2色
表面処理 PP加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

紙袋の安定感は、
企業様への信頼感と比例します


A2コート紙は上質で高級感があり、多くの不動産関連会社様に選ばれている用紙です。 157g/㎡の厚みで、しっかりとしたハリが全体の安定感をうみます。 紙袋の仕上がりは企業様のイメージへと直結します。求められる理由のひとつでしょう。 信頼関係が必要な業種様にオススメです。 仕上げに表面加工をお忘れなく!


こんなに便利な提げ手は
他にありません!


ハッピータックはプラスチック製のハンドルなので、どうしても異素材の主張が強い提げ手です。 しかし他にはないその利便性はNO.1。根元の凹凸を合わせることで紙袋の口を閉めることができます。 こちらのようにデザインに合わせた同色のカラーに、ツヤのあるPP加工と合わせれば、見た目の存在感もあまり気にならなくなるでしょう。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

オプションで底には段ボール台紙を入れています。 上質な素材の組み合わせからも、今回はあまり予算を気にしない贅沢な仕様の紙袋をご紹介しました。 しかしフルオーダーでも安価に抑えるコツは沢山あります。 予算を設定した上でどんなものが造れるか。悩まれたらお気軽にご相談ください!

459