ホーム > 紙袋製作事例 > 不動産会社様の紙袋の事例

不動産会社様からご注文いただいた紙袋事例です。 500枚とオーダー可能な最小枚数での製作なので、住宅展示場や内覧会などのイベント時に使用されるのでしょうか。 規格サイズオーダー(中サイズ)は、A4サイズオーダーよりも幅が小さくマチが広く設定されています。 冊子やカタログなどの分厚いものを入れるなら、マチの広い規格サイズオーダー(中サイズ)、ファイルやバインダーに入れて書類をお渡しするなら幅にゆとりのあるA4サイズオーダー、といったように中に入れるものによって使い分けてください。 どちらもビジネスシーンで活躍する人気のプランになります。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(中サイズ)
業 種 不動産会社
枚 数 500枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 片艶晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ360mm
印 刷 2色
表面処理 PP加工
提げ手 穴タイプ アクリル丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

片艶晒クラフト紙ならこだわりの
2色印刷もおてのもの


片艶晒クラフト紙は、その名の通り片面にだけ平滑処理を施した白紙です。 圧がかけられたことによって繊維の凹凸がなくなり、インクが滲まずに発色します。 写真の表現も可能なほど、美しい仕上がりが自慢です。 内側はザラりとした紙らしい手触りが残っているので、中のものを取り出す際には優しい雰囲気が感じられるでしょう。


アクリル丸ヒモなら他社との
差別化を図れるかも


アクリル丸ヒモは、全48色のカラーバリエーションがあります。 太さは4×4、8×8など自由に設定が可能。 取り付け方法もOFJタイプ、穴タイプどちらもできます。 芯入れのオプションにも対応しており、とてもカスタム性のある素材です。 もしも悩まれたら、お気軽にご相談ください。求めるイメージに合ったものをご提案させていただきます。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

今回、底に段ボール台紙を入れて強度を高められました。 分厚い冊子は重さがあるので、配慮をされたのでしょう。 台紙を入れなくても底が抜けるようなことはありませんが、底が歪んで形状が変化することはあります。 心配な方は備考欄にてご相談ください。 製作枚数の半数にだけ入れることも可能です。

457