ホーム > 紙袋製作事例 > 不動産コンサルタント会社様の紙袋の事例

不動産コンサルタント会社様の紙袋事例です。 首都圏を中心に中古マンションの投資を専門に扱っています。 信頼関係がとても大切な業種様です。 誠実・清潔さを演出してくれる濃いブルーを基調としたデザインになりました。 しかしスペック欄には4色印刷と記載。 よく見ると社名やロゴに色味があるのが分かります。 ワンポイントにも手を抜かず贅沢に仕上げる、企業様の誠実さの表れでしょう。 規格サイズオーダー(中サイズ)はA4書類を入れるのに適したサイズです。 投資家の方へお渡しする資料を入れるのでしょう。 マチが広めなので分厚い冊子なども余裕をもって収納が可能です。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(中サイズ)
業 種 不動産コンサルタント会社
枚 数 1000枚
製品単価/枚 140円台〜
用 紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ350mm
印 刷 カラー4色(C,M,Y,K)
表面処理 マットラミネート加工
提げ手 ハッピータック DX型
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

A2コート紙で誤魔化しのない
クリーンな印象に


贅沢な4色印刷には、高級なA2コート紙が最適です。 インクが滲むことなくしっかりと発色されるので、複雑な配色もお手のもの。 しかし今回のようなシンプルなデザインこそ、用紙の力量が試されます。 誤魔化しはききません。 白紙部分が美しいだけで、企業様のクリーンなイメージ付けに貢献できるでしょう。


ハッピータックで
繰り返し使用される紙袋に


ハッピータックを起用することで、ワンランク上の紙袋になります。 根元の凹凸を閉じることで鞄のようになるという特徴や、プラスチック製で見るからに高級感が伝わる見た目。 一度の使用で廃棄するには心が痛みます。 繰り返し使用してもらえれば、宣伝効果という付加価値がプラスされコスト以上の利点がうまれるでしょう。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

今回使用した濃いブルーなどの4色印刷はC,M,Y,Kのプロセスカラーになります。 当然、特色を使用するよりもお安く印刷できます。 しかし安価なプロセスカラーを掛け合わせて何色かを表現するよりも、高価な特色を使用した方がお安い場合も。 印刷カラーでお悩みでしたらお気軽にお問い合わせください!

425