ホーム > 紙袋製作事例 > 精密機器製造会社様の紙袋の事例

精密機器製造会社様の紙袋事例です。 半導体の開発に必要とされる精密機器の製造をされているそう。 難しいことはよく分かりませんが、紙袋の仕様から誠実さや信頼感が伝わってきます。 目を見張るような鮮やかなブルーにギラギラと濡れたような強い光沢のある表面加工がプラスされ、まるで海のようです。 高級感のあるスペックで企業様の安定感をアピールします。 展示会やイベント時などに使用されるのかもしれません。 500枚と少ない枚数でのご注文なので、日常使い用ではないでしょう。 スタンダード小ロットオーダーで製作しました。 大きめのバインダーなどもスッポリと収まるサイズです。

この紙袋のスペック

プラン スタンダード小ロットオーダー
業 種 精密機器製造会社
枚 数 500枚
製品単価/枚 150円台〜
用 紙 A2コート紙 137g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ450mm
印 刷 ベタ1色
表面処理 PPラミネートグロス加工
提げ手 ハッピータック DX型
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

A2コート紙で
人目を引くほど確かな存在感を放つ


ベタ印刷を美しく表現するにはA2コート紙が最適です。 ポスターや雑誌の表紙にも使用されます。 混雑する駅のホームでも目に止まるほど存在感のあるポスターや、無数の本が山積みになっている書店でアピールする発色の良い雑誌の表紙を想像してください。 強いハリや鮮やかな発色は素人目にも分かる上質さで、街中でも人目に止まる存在感があります。


ハッピータックで
営業マンのセカンドバッグに


書類配布用の紙袋といえば、定番となっているハッピータックを使用しました。 凹凸部分をパチンと閉じることで密閉されるので、鞄のようにしっかりと雨風をしのげ、人目にさらされる危険も防ぎます。 また今回はかなりハイスペックな仕様で仕上げられているので、お渡し用ではなく営業マンのセカンドバッグ代わりとしても繰り返し使用できるでしょう。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

まるでジュエリーショップ様のような、輝きが溢れる高級感のある仕様で仕上げました。 それでいて単価150円台~はかなりお買い得です。 秘訣は弊社自慢のスタンダード小ロットオーダーにあります。 お試し感覚や個人のお客様にも気軽に製作できるよう、少ない枚数からでも対応できるサイズを作りました。

388