ホーム > 紙袋製作事例 > 地方自治体様の紙袋の事例

地方自治体様からご注文いただいた紙袋事例です。 地域のスローガンと町章を市松模様のように配置され、インパクト大なデザインとなりました。 自治体様らしいきちんと感と、デザイン性が見事に調和されています。 規格サイズオーダー(中サイズ)はA4書類をそのまま入れるに適したサイズです。 底には段ボール台紙を追加されたので、紙一枚でも中で折れることはありません。 地域の交流祭りや地方自治体が一堂に集まるふるさと納税のイベントなどに出展されるのでしょうか。 500枚とオーダー可能な少数枚数での製作なので、そういったイベント時に使用されるのだと思います。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(中サイズ)
業 種 地方自治体
枚 数 500枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ350mm
印 刷 特色ベタ1色
表面処理 PPラミネートグロス加工
提げ手 穴タイプ アクリル丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

晒クラフト紙は白紙の中で
最も丈夫な素材です


晒クラフト紙は白紙の中で唯一光沢のないザラりとした質感がある用紙です。 しかし今回はPPグロス加工を追加されているので、用紙の質感が失われます。 強度を優先されたのかもしれません。 用紙は加工を加えれば加えるだけ強度が低下します。 晒クラフト紙は漂白のみ。白紙の中では最も加工が少なく丈夫であると言えるでしょう。


穴タイプの取り付けで
スマートなアクリル丸ヒモ


アクリル丸ヒモを穴タイプで取り付けました。 ほとんどの提げ紐はOFJタイプ・穴タイプ、どちらの取り付け方法も可能ですが、向き不向きはあります。 例えば紙素材の紙単丸ヒモなどは、紐自体に硬さがあるため玉止めをする穴タイプだと紐が暴れてしまいます。 その点、アクリル丸ヒモは柔らかく滑らかな手触りが特徴なので、穴タイプ向きです。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

フルスペックの高級仕様紙袋となりました。 やはりイベントに参加される際に使用する紙袋の場合、多くの企業様が高級仕様で仕上げられます。 印象に残りやすかったり、繰り返し使用してもらえるという利点はもちろん、お店・企業様の顔となるからでしょう。 たかが紙袋ですが、重要な任務を担っています!

452