ホーム > 紙袋製作事例 > 酒店様の紙袋の事例

福島県にある酒店様の紙袋事例です。 弊社ではワインボトルに合わせた、便利なボトルサイズオーダーというサイズがあります。 しかしマチを90mmに設定しているため、一升瓶など大きなボトルの販売用には窮屈です。 こちらはきっと大きなボトルの品揃えが多かったのでしょう。 スタンダードオーダー(小サイズ)で製作しました。 マチが120mmとかなり広いので、ケーキなど崩れやすいものなどにもオススメのサイズです。 もちろん底には段ボール台紙を入れて補強をしているので、見た目の美しさだけでなく安心感があります。

この紙袋のスペック

プラン スタンダードオーダー(小サイズ)
業 種 酒店
枚 数 1000枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 片艶晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ350mm
印 刷 特色1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ PPヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

片艶晒クラフト紙は
濃い色のベタ印刷もお手のもの


片艶晒クラフト紙を使用して、濃い色のベタ印刷も美しく再現できました。 インクの沈みは濃い色の方がハッキリと分かるので、用紙素材を適切にお選びください。 よく分からないとお悩みでしたら、一度ご相談ください。予算と合わせてご提案させていただきます。 今回は日本三大桜である「三春滝桜」の繊細なイラストも白抜きでクッキリと表現できました。


豊富なカラーバリエーション
があるPPヒモ


印刷の色に近いベージュのPPヒモを使用しました。 白色や赤色は荷造り用の紐として目にすることが多くチープな印象が強い素材ですが、選ばれる色によって違った印象を与えます。 またカラーバリエーションは全32色と豊富です。 印刷とまったく同じカラーでなくても、同系色ならまとまった印象に仕上がるのでオススメになります。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

弊社ではお得なスタンダードオーダーを多数取り揃えています。 どのサイズにすれば良いか迷われたらご相談ください。 どれも一般的によく使用されるサイズで幅とマチを設定しているので、業種問わず使いやすいとご好評いただいております。 また高さは自由に設定が可能です。お好みに合わせてお選びください。

387