ホーム > 紙袋製作事例 > 和食店様の紙袋の事例

和食店様の紙袋事例です。 食べ放題形式の串揚げ専門店様だそう。 幅180×マチ60×高さ300mmと、とても薄型の縦長タイプをジャストニーズフルオーダーで製作しました。 書類を入れるにはマチが狭すぎて出し入れには不便です。 串揚げ専門店ならではの、テイクアウト用の串を縦に立てて収納されるのかもしれません。 衣が崩れるのを極力防ぐ目的なら納得のサイズ感です。 まさにこの為だけにうまれてきた紙袋!贅沢な特別感があり、お持ち帰りされる方のワクワクした様子が目に浮かびます。

この紙袋のスペック

プラン ジャストニーズフルオーダー
業 種 和食店
枚 数 5000枚
製品単価/枚 30円台
用 紙 晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅180×マチ60×高さ300mm
印 刷 1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

晒クラフト紙は強度を必要とする
和食店様の強い味方


和食店様が選ばれる用紙の中で圧倒的な人気を誇るのが晒クラフト紙です。 繊維が長いので、洋紙なのにまるで和紙のような質感と見た目が楽しめます。 またクラフト紙ベースなので強度が高く、多少濡れたところで破れはしません。 飲食店様だとテイクアウト品がこぼれてしまったり、内側からの水濡れなどもあるかと思うので、最適かもしれませんね。


朱色の紙単丸ヒモで
モノトーンの世界に色味をプラス


朱色の紙単丸ヒモを使用しました。 グラフィックは黒1色印刷なので、提げ紐に色味をもたせることでパッと華やかな雰囲気に。 版の数を増やさずに挿し色がプラスされるので、コスト削減にももってこいのテクニックです。 また紙単丸ヒモは細く華奢なので、悪目立ちすることはなくデザインをアシストしてくれるでしょう。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

今回はマチ60mmと、とても個性的な薄型タイプで設定されました。 ちなみに弊社で製作できる最も薄いサイズは30mmになります。 しかしそこまで薄くすると手が入りません。 形状としても自立せず、とても実用的ではありません。 よって、薄型紙袋としてはこちらが最薄だとお考えください。