ホーム > 紙袋製作事例 > ソフトウエア企業様の紙袋の事例

東京都にあるソフトウェア企業様からご注文いただいたイベント用の紙袋事例です。 表面に書かれている英字は社名ではなくイベント名。 裏面には企業様の開発されたソフト商品名を記載されています。 650枚枚と少数製作でしたが、弊社自慢のA4サイズオーダーをご利用いただいたことで単価は190円台~と比較的安価に収まりました。 規格サイズは幅やマチを固定する代わりに、ギリギリまでコスト削減を図っています。 A4サイズオーダーはA4書類に最適なサイズを悩まれることがないよう、幅やマチだけでなく高さまで固定。 高さを変更したい場合は規格サイズの280mmプランをお選びください。

この紙袋のスペック

プラン A4サイズオーダー
業 種 ソフトウエア企業
枚 数 650枚
製品単価/枚 190円台〜
用 紙 コート紙 157g/㎡
サイズ 幅280×マチ80×高さ360mm
印 刷 2色
表面処理 なし
提げ手 穴タイプ アクリル丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

こだわりのカラーを
思い通りに発色させます


元気が湧いてくるような明るい黄色を美しく発色するため、A2コート紙を使用しました。 上質紙ベースの高級素材です。 コート剤によって表面の凹凸が平になっているため、インクの沈みが起こりにくくなっています。 発色の秘訣です。 コスト以上の価値があると好評いただいております。 印刷割れを防ぐため表面加工をセットで行ってください。


見た目のオシャレさも
大切なポイントです


オシャレな印象のあるアクリル丸ヒモを、デザイン性の高い穴タイプで取り付けました。 全工程機械作業のOFJタイプの方がはるかに安価ですが、手作業取り付けにしか出せない味があります。 高級ブランド店様などから高い支持を受けています。 ビジネス用紙袋がスタイリッシュな印象に早変わりしました。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

印刷費は1000枚単位での計算になります。 500枚の製作でも、計算は1000枚と同額ということです。 よって、製作枚数が1000枚以下だとどうしても単価は上がります。 枚数が増えればそれだけ単価は下がるので、今回の事例でいうと一桁多くご注文いただければ単価半額も夢ではありません。

460