ホーム > 紙袋製作事例 > 保険販売店様の紙袋の事例

保険販売店様の紙袋事例です。 お客様へ将来の安心をお届けする職業なので、紙袋も安心感の感じられる高級仕様のフルスペックでの製作になりました。 500枚と少ない枚数なので、お客様へ資料を入れてお渡しする日常使い用というよりは、内覧会などのイベント用ではないでしょうか。 繰り返し使用できるほど強度の高い紙袋になっているので、使用頻度が少なくても長期保存が可能です。 ハッピータックの根元を閉じれば塵ひとつ中に入ることはないでしょう。 使用しなかった分は次回へまわすこともできるので、多少単価が高くても結果的にコスパが良いと言えるかもしれません。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(中サイズ)
業 種 保険販売業
枚 数 500枚
製品単価/枚 160円台
用 紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ310mm
印 刷 特色2色
表面処理 PP加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

A2コート紙は
上質な厚みと高級感が安心の証


A2コート紙は上から2番目のグレードですが、これ以上上のランクだと扱いにくいことから紙袋の素材としては最高級と言っても過言ではありません。 ポストカードや雑誌の表紙を飾る用紙なので、厚みと高級感があります。 保険販売店様に限らず医療関連の業種様や不動産会社様など相手に安心感を与えたい場合、上質なこちらをオススメします。


お客様への気遣いとして
ハッピータック


ハッピータックは根元部分の凹凸を閉じることで、密閉が可能に。 紙袋をセカンドバックに変身させることができます。 営業回りで長時間持ち歩く際にも便利ですが、お客様が資料を持ち帰る際にも利便性を発揮します。 突然の雨でも中身を濡らすことはありませんし、満員電車でも他人の目が気になることはありません。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

今回は単価160円台とやや高めでした。 印刷費は1000枚単位での計算になるので、100枚で製作しても1000枚で製作しても同じだからです。 コストを抑えるうえで製作枚数はかなり重要なので、もし予算にお悩みでしたら一度ご相談ください。 長年培ってきた経験から最善策をご提案させていただきます。