ホーム > 紙袋製作事例 > ホテル様の紙袋の事例

平安時代から続く温泉郷、とても歴史のあるホテル様よりご注文いただいた紙袋事例です。 併設するお土産物店の販売用紙袋でしょうか。 規格サイズオーダー(大サイズ)で製作しました。 高さ400mmとお土産を入れるにはやや珍しい縦長タイプですが、地酒など高さのあるものも収まるよう計算されたのかもしれません。 また箱入りお菓子のような安定感が必要な品物も110mmの幅広いマチでしっかりと支えます。 沢山の観光客が訪れる地なので、5000枚の大量製作を承りました。 おかげ様で単価は40円台~と驚きの低価格を実現。 品のあるデザインからはとても想像もつかない金額ではないでしょうか。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(大サイズ)
業 種 ホテル
枚 数 5000枚
製品単価/枚 40円台〜
用 紙 晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ400mm
印 刷 特色1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

晒クラフト紙で思い通り
の世界観をゲット


晒クラフト紙は和紙のような質感・雰囲気が魅力の用紙です。 白く長い繊維はザラザラとした手触りをうみだしました。 それは紙らしい優しさが感じられる、ナチュラルな演出となるでしょう。 洋紙なのになぜか日本らしさが垣間見える白紙です。 温泉も日本伝統の文化なので、世界観がベストマッチ。 イメージ通りに仕上がりました。


紙単丸ヒモは安価で
オシャレな紙素材の提げ紐


提げ紐の中で2番目に安価な紙単丸ヒモを使用しました。 更にOFJタイプでの取り付けなので、全工程を機械にお任せ。 とても安価に仕上がる、お得テクニックです。 ホットボンドで紙と挟んで張り付けているので、ちょっとやそっとでは抜けることはありません。 また結果的に口周りの厚みが増すので、強度がアップしました。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

晒クラフト紙を使用すると最大の魅力である手触り・質感を残すために、表面加工をせずに仕上げることが多い用紙です。 ベタ印刷などをしていたら色落ちや擦れが気になってしまいますが、こちらのようにサイド部分なら持ち歩く方に当たることなく心配も薄れます!

446