ホーム > 紙袋製作事例 > 美容院様の紙袋の事例

美容院様の紙袋事例です。 表面には美容師の命とも言えるハサミのグラフィックが大きくひとつだけ。 1番主張したいはずの店名はあえてマチ部分に記載されているところに、さすがのセンスを感じます。 規格サイズオーダー(大サイズ)を使用して高さを幅よりも低くすることで、横長タイプの紙袋になりました。 印刷のハサミの形状に合わせたのでしょうか。 それでも大サイズは幅320mmとA4書類を横にして入れられるほどの広さがあり280mmの高さが取れたので、シャンプーやリンスなどのグッズを入れても商品が飛び出すことはなく、お持ち帰りされるのに十分なゆとりがあります。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(大サイズ)
業 種 美容院
枚 数 3000枚
製品単価/枚 40円台
用 紙 未晒クラフト紙 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ280mm
印 刷 1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

未晒クラフト紙で
お店のコンセプトが伝わります


表面処理や漂白などの手を加えず、素材の良さを活かした未晒クラフト紙を使用しました。 紙袋のシンプルなデザインから、ナチュラルテイストな店内が想像できます。 個性を活かしてスタイリストする美容院様にピッタリのイメージです。 また米袋としても活躍するほど耐久性の高い素材なので、シャンプーなどの重い液体を入れる際にも安心できます。


紙単丸ヒモでトコトン
世界観の統一を目指す


未晒クラフト紙と紙単丸ヒモ、どちらもナチュラルなイメージがあり相性バツグンの組み合わせです。 全24色のカラーバリエーションから何色を選ぶかて全く印象が変わってきますが、今回は同系色の中でも濃い色を選ばれたことで、全体の統一感が増し引き締まった印象になりました。 2本とも違った色をチョイスすることも可能なので、性を出すこともできます。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

今回はシンプルながらもデザインで魅せる紙袋でしたので、提げ紐は表面に穴を開けることになる穴タイプではなくOFJタイプでの取り付けになりました。 穴タイプで取り付けだと中で結び目をつくる際にどうしても紐が暴れてしまいます。 美しく整列させたい場合はホットボンドで固定するOFJタイプがオススメ。