ホーム > 紙袋製作事例 > 脱毛サロン様の紙袋の事例

脱毛サロン様の紙袋事例です。 脱毛後の火照った身体をクールダウンさせるために塗るアフターケアクリームを販売されているので、購入されたお客様へお渡しする販売用紙袋だと思われます。 ジャストニーズフルオーダーを使用して幅160×マチ80×高さ220mmと小ぶりサイズに製作しました。 またA5サイズ書類も収めることができる大きさなので、商品説明などのちょっとした書類も同封できます。 安価な素材の組み合わせで高級仕様という訳ではありませんが、表面加工を追加したので繰り返し使用することもできる耐久性・耐水性が得られました。

この紙袋のスペック

プラン ジャストニーズフルオーダー
業 種 脱毛サロン
枚 数 3000枚
製品単価/枚 50円台〜
用 紙 片面晒クラフト 100g/㎡
サイズ 幅160×マチ80×高さ220mm
印 刷 1色
表面処理 PPラミネートグロス処理
提げ手 OFJタイプ PPヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

優秀な片艶晒クラフト紙で
美しい白紙になる


片艶晒クラフト紙は用紙の中で最も安価な素材です。 それでいて印刷適正はA2コート紙の次に良く、写真の再現も可能。 表面が滑らかで薄っすらと光沢もあります。 もちろん今回のような白紙が多いデザインにも向いているので、透き通るような白い肌を連想させる美しさの表現にも一役買ってくれることでしょう。


PPヒモはカラーによって
上品な提げ紐にもなれる


提げ紐を安価に収めると、全体のコストをガクンと下げることができます。 表面加工などこだわるところは予算を割いてキッチリと追求し、コストを抑えるところはキチンと節約。 それには最も安価なPPヒモが不可欠でした。 黒色を選ばれたので荷造りヒモのイメージが払拭され、PPグロス加工ともとてもよくマッチしています。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

片艶晒クラフト紙の表面加工は必須ではありませんが、今回は美しくリッチに見せるためにPPグロス加工を追加しました。 コストはグロスタイプよりもマットタイプの方がやや高めですが、耐久性などの得られる効果は同じになります。 サンプルをお送りすることもできるので、お気軽にお問い合わせください。

405