ホーム > 紙袋製作事例 > 独立行政法人様の紙袋の事例

石油・天然ガス、石炭、金属、地熱といったあらゆる資源の開発に携わっている大手企業様からご注文いただいた紙袋事例です。 大規模な国際セミナーなども開催されているので、そういったイベント時に使用されるのでしょうか。 A4書類を収めるのにピッタリな規格サイズオーダー(中サイズ)で製作しました。 マチが100mmと書類配布用としては比較的広めなので、分厚い資料もお手の物。 もちろん底には段ボール台紙を追加して、重みに対する補強もされています。 無くても底が抜けるようなことはありませんが、紙袋の形状が歪むことを防ぐ目的もあり、高級仕様の紙袋にオススメです。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(中サイズ)
業 種 独立行政法人
枚 数 1000枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ345mm
印 刷 4色
表面処理 PPグロスラミネート加工
提げ手 穴タイプ アクリル丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

A2コート紙で繊細な色の
コントラストも美しく再現


A2コート紙は高い印刷の再現力を誇る用紙です。 ご覧の通り、発色の良いカラーのロゴの美しさはもちろんのこと、白紙にグレーという一見ボヤケてしまいそうな配色もハッキリと鮮明に表現されています。 上質な素材だからこその実力が実感できるでしょう。 ただ印刷の割れを防ぐために、表面加工は必須になるのでご注意ください。


見た目をパッと華やかに
してくれるアクリル丸ヒモ


アクリル丸ヒモは洗濯を繰り返す衣類の素材としてもお馴染みの紐なので、消耗品としての認識が強い紙袋にとってはかなり高級感があります。 と同時に、アパレルならではのオシャレな印象も与えてくれます。 ビジネスシーンではハッピータックの方が多く見掛けるかもしれませんが、ラグジュアリーさや見た目の美しさを追求するのであれば、こちらが最適です。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

色を数えてみると赤・青・緑・黒・グレーと5色使用しているように見えます。 しかしスペック欄には4色と記載。 どういうことかと言うと、グレーは黒の濃淡を薄くして再現した色になります。 一見すると複数の色に見えるけれど実は1色、というデザイン方法はコスト削減の大きなヒントになることでしょう。

422