オリジナル紙袋ベストチョイスHOME > 紙袋製作事例 > メガネ専門店様の紙袋の事例

メガネ専門店様の紙袋事例です。 メガネはただ単に視力の矯正としてだけでなく、ファッションや身体の一部としてそれぞれに合ったものを取り扱い、そして選ばなくてはいけません。 こちらはお客様ひとりひとりを大切にし、トコトン向き合ってくれるこだわりのメガネ店様です。 もちろん大切なメガネを入れる紙袋にもしっかりとこだわられました。 ベストチョイスオーダーは幅やマチも細かく設定が可能です。 品物にピッタリと合ったサイズだと中でガタガタと揺れずに安定して持ち運べるため、他にはない高級感がうまれます。 お客様への最高の気遣いと言えるでしょう。

この紙袋のスペック

プラン ベストチョイスオーダー
業 種 メガネ専門店
枚 数 5,000枚
製品単価/枚 30円台
用 紙 片艶晒クラフト紙160g/㎡
サイズ 幅200×マチ100×高さ230mm
印 刷 1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

不動の人気を誇る片艶晒クラフト紙で
コストカット


A2コート紙の次に、印刷適正の高い片艶晒クラフト紙を使用しました。 最もメジャーな素材です。 コート紙を使用すると表面加工が必須になるので、コストが上がることと見た目のイメージが変わることが懸念されます。 そこでコストを抑えつつ、淡く自然な光沢があるこちらが不動の一番人気となりました。


紙単丸ヒモでコストを抑えつつ
デザイン性アップ


PPヒモの次に、安価な紙単丸ヒモを使用しました。 コストを抑えたいけど、荷造り用のイメージが強いPPヒモだとチープな印象になりそうで不安だという場合にオススメです。 紙素材なのでどんな用紙とも相性がよく、業種も和洋問わず合います。 今回は印刷に合わせて淡いグリーンを選ばれたことで、全体の統一感がうまれました。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

ベストチョイスオーダーでのご注文でしたが、単価はなんと驚きの30円台~とかなりお安くなりました。 ご覧の通り、見た目に手抜き感やチープさなどは全くありません。 むしろ高級なメガネを入れるのにピッタリといった印象でしょう。 フルオーダーは高い、というイメージを払拭してくれる良い事例です。 弊社は業界最安値を目指し、日々奮闘しております。 予算にお悩みでしたら一度ご相談ください。