ホーム > 紙袋製作事例 > 果樹園様の紙袋の事例

山形県にある、りんごを生産されている果樹園様の紙袋事例です。 オリジナルのりんごジュースも販売されているので、そのための紙袋でしょうか。 ジャストニーズフルオーダーは高さのみを決められる規格サイズとは違い、幅やマチまで自由に設定が可能なので何か特定のものを入れる時に適しています。 そのものを入れるためだけにうまれてきた紙袋は、とても贅沢な特別感があります。 もちろん贈答用紙袋としても適しているでしょう。 底には段ボール台紙を追加して、液体ビンの重さにも耐えられる丈夫な仕様で仕上がりました。

この紙袋のスペック

プラン ジャストニーズフルオーダー
業 種 果樹園
枚 数 1000枚
製品単価/枚 60円台〜
用 紙 未晒クラフト紙 120g/㎡
サイズ 幅180×マチ90×高さ240mm
印 刷 1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

飾らないオシャレが
未晒クラフト紙の魅力


未晒クラフト紙は米袋やセメント袋としても使用される、強度の高い素材です。 そのイメージから、やや無骨な印象を受けるかもしれませんが、エコやオーガニックがブームとなっている近年。 その飾らない世界観がオシャレだと人気をはくしました。 中には素材を活かした美味しいりんごジュースが入っていることが想像できます。


紙単丸ヒモで
使用後も簡単廃棄が可能に


提げ紐を紙素材にすることで、紙袋全体が加熱処理のできる可燃ゴミになります。 リサイクルや古紙回収にも出せるようになるので、エコなイメージがアップ。 使用後の処理のことまで考えられている企業様だと好感度もアップ間違いなしです。 自然と寄り添って営まれている果樹園様らしい配慮のような気がします。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

オプション追加もされていて、単価60円台~は驚きの価格。 規格サイズを使用されていたら、もっとお安くなっていました。 秘訣は素材選びにあります。 安価だけどチープに見えない、上手な素材の組み合わせ方でした。 過去事例の中で同じスペックで製作されたいものがある場合は、備考欄に記載ください。

408