ホーム > 紙袋製作事例 > 製菓機械製造会社様の紙袋の事例

創業100年を超える老舗の製菓機械製造会社様の紙袋事例です。 製菓と聞くと子供向けのキュートなデザインを想像させますが、こちらは社名の頭文字をとって全体のデザインとされていてとてもスタイリッシュな印象。 フルスペック仕様であくまでもビジネス用紙袋といったイメージです。 機械の製造だけでなく商品開発もされているそうなので、サンプルのお菓子も沢山収められる規格サイズ(大サイズ)で製作しました。 マチが広めなので、箱菓子をつぶすことなく持ち運べます。 営業マンの書類運び用としても、展示会のサンプル配布用としても使える多用途用使いが可能です。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(大サイズ)
業 種 製菓機械製造会社
枚 数 1000枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 コート紙 157g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ400mm
印 刷 特色1色
表面処理 PP加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

大容量タイプの紙袋には
厚みを活かせるA2コート紙


大容量タイプの場合や、中に重たいものを入れる際には、用紙も厚みのあるしっかりとしたものを選ぶと安定感が増します。 A2コート紙はそういった意味で最適な用紙です。 厚さ157g/㎡は名刺適度。 クラフト紙ベースの用紙は一般的なものが120g/㎡なので、その差は歴然です。 かなり重厚感があり、自立してくれるので出し入れも容易に行えます。


形状キープのハッピータックなら
持ち運びもスムーズ


ハッピータックはプラスチック製でそのもの自体が形状キープ。 手が食い込むことなく、快適に荷物を持ち運べるでしょう。 また芯入れのオプションや、中の重量を気にすることなく使用できます。 異素材なので存在感が強めですが、A2コート紙やPP加工との相性はバツグン。 違和感はなくデザインの邪魔をしません。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

表面だけでなくサイド部分など紙袋全体を使ってロゴを表現しオシャレな紙袋に仕上がりました。印刷は全面・口部分の内側に可能です。もちろん裏表違うデザインにすることも可能。 手提げ紐も2本別色にでき、1面いくら、1本いくら、なんて別途費用もかかりません。思う存分、企業様の色を表現してください!