ホーム > 紙袋製作事例 > カフェ様の紙袋の事例

静岡県にある日本茶製造・販売会社様が、カフェ店をオープンする際にご注文いただいた紙袋事例です。 日本有数のお茶の産地であることからメニューも豊富。なんと30種類以上を取り揃えられています。 それらの茶葉の販売もされているので、お渡し用の紙袋でしょう。 規格サイズオーダー(小サイズ)で製作しました。 カフェ店様というとナチュラルテイストが多い中、こちらは真反対イメージといっても過言ではないオールブラック。 一見するとアパレルショップ様のようなスタイリッシュな仕上がりです。 企業様の自信が垣間見える、とても印象に残るデザインとなりました。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(小サイズ)
業 種 カフェ
枚 数 5000枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ260mm
印 刷 特色1色(2度刷り)
表面処理 PPラミネートグロス加工
提げ手 OFJタイプ アクリル丸ヒモ芯入り
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

A2コート紙なら思い通りの
カラーを再現できます


今回は漆黒の黒を表現するため、2度刷りを行いました。 そこまでされて追求された色味。もちろん用紙は再現力の高いものでなければいけません。 コート紙は上質紙に特殊なコート剤を塗った、印刷適正の高い白紙です。 A2ランクは上から2番目のグレード。 これ以上になると厚みがありすぎて紙袋には向かないので、実質NO.1と言えるでしょう。


上質で美しいアクリル
丸ヒモで演出する高級感


アクリル丸ヒモに芯を入れました。 高級仕様の販売用紙袋としてはお馴染みの提げ紐です。 柔らかい手触りに可愛らしい見た目で、全体的に美しくまとまります。 また芯を入れることで紐がピンと自立するので、お客様へ品物をお渡しする際にそっと手を添える程度で事足ります。 スマートな印象と高級感が伝わるでしょう。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

とても高級感のある紙袋に仕上がりました。希少価値の高い茶葉が入っていそうです。 紙袋が与えるイメージは意外と大切で、ダイレクトにお店様・企業様の印象に繋がります。 素材ひとつでも印象が違ってくるので、お悩みの際はぜひお気軽にお問合せください。 予算ありきでのご相談も大歓迎!

451