オリジナル紙袋ベストチョイスHOME > 紙袋製作事例 > カフェ店様の紙袋の事例

マンゴーをメインとした新鮮なフルーツを使用したスイーツで有名な、神戸市にあるカフェ店様の紙袋事例です。マチ120mmとショートケーキを入れても安定して持ち運べる余裕がある、スタンダードオーダー(小サイズ)で製作しました。
人気のスイーツなので、ご自宅用としてだけでなく、きっと人へお渡しするお土産として購入されるお客様も多いのではないでしょうか。そんな時にオシャレな紙袋でお渡しすれば、お店の宣伝効果と好感度は急上昇なこと間違いなしです。

この紙袋のスペック

プラン スタンダードオーダー(小サイズ)
業 種 カフェ
枚 数 2,000枚
製品単価/枚 40円台
用 紙 未晒クラフト 100g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ250mm
印 刷 特色1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

もともと丈夫な未晒クラフト紙でできる技


100g/㎡の未晒クラフト紙を使用しました。
一般的な用紙の厚さは120g/㎡です。今回はやや薄めに設定しましたが、よほど重たい物を入れなければ使用になんら問題はありません。見た目にあまり違いもないので、お客様には気付かれずにコストを削減する上手なテクニックです。覚えておいて損はないでしょう。


世界観を崩さずに
コストダウンできる紙単丸ヒモ


提げ手の中で、二番目に安い紙単丸ヒモを使用しました。紙素材は和洋問わずどんなデザインでも合います。特に紙単丸ヒモは紙三本ヒモよりも華奢であまり目立たないので、最も安価なPPヒモではイメージや世界観が崩れてしまう時などにオススメでしょう。今回も用紙に合わせたカラーにしたので、ナチュラルな印象のまま仕上がりました。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

なるべくコスト削減を目指した紙袋になりました。 おかげて単価は40円台~と低価格を実現しています。イメージを崩さずにもっと削るところがあるとすれば、特色指定いただいたカラーを既存色にすることでしょうか。 なるべくご希望に沿えるよう、何度でも価格見直しをいたしますので、お気軽にご相談ください。