ホーム > 紙袋製作事例 > 工務店様の紙袋の事例

兵庫県にある、工務店様の紙袋事例です。 金物を使わず「木と土」のみを組んで造る、伝統構法が自慢の工務店様になります。 その熱意や想いがダイレクトに使わる、特徴的なデザインがポイントの紙袋です。 A4サイズオーダーでの製作なので、書類やカタログなどを入れてお客様へお渡しするのでしょうか。 待ちゆく人が思わず振り返ってしまいそうな、武骨なようでどこかオシャレなグラフィック。 社名の力強い筆文字フォントと相まって、じっくりと見入ってしまうような宣伝効果の高いデザインとなりました。

この紙袋のスペック

プラン A4サイズオーダー
業 種 工務店
枚 数 1000枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 片艶晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅280×マチ80×高さ360mm
印 刷 4色
表面処理 マットPP
提げ手 穴タイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

印刷適正の高いクラフト紙
ベースの白紙、片艶晒クラフト紙


今回まるで写真のようなグラフィックを美しく表現したのは、片艶晒クラフト紙です。 それ以上の印刷適正を誇るコート紙だとしっかりとした厚みがあり、どうしても高級な雰囲気になります。 こちらの求めるコンセプトは高級志向ではありません。 伝統構法を伝えるデザイン。その雰囲気には、丈夫で耐久性の高いクラフト紙ベースが最適でした。


自然の扱う工務店様に
ピッタリの紙単丸ヒモ


今回はグラフィックが最大の特徴でありメインです。 提げ紐は華奢で主張の少ない紙単丸ヒモを選ばれました。 芯入れをしなくてもピンと立つので、荷物の上げ下げがスムーズに行えます。 また紙素材は自然のナチュラルな雰囲気を演出できるので、木材を扱うこちらの工務店様のイメージにピッタリと合いました。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

表面加工にはマットPP加工を施されました。 光沢がないので、世界観はそのままに紙袋全体の耐久性・耐水性を向上させてくれます。 伝統的なニス引きも、工務店様の伝統構法と通ずるものがあって良かったのですが、保護力という点ではPP加工の方が上。 グラフィックを守りたい場合はPP加工をお選びください。

455