オリジナル紙袋ベストチョイスHOME > 紙袋製作事例 > 社団法人様の紙袋の事例

一般社団法人様の紙袋事例です。 美容業界の技術知識の向上を目的に活動しておられるそうです。 赤一色で会社名だけとシンプルなデザインで宣伝効果を意識しているわけもなく、販売用ということでもなさそうですし、300枚と少ない枚数でのご注文であることから、活動時の資料の持ち運びなど社内や内内で使用されるもかもしれません。 お気軽に、お試し感覚での使用が出来るとご好評いただいている、スタンダード小ロットオーダーで製作しました。

この紙袋のスペック

プラン スタンダード小ロットオーダー
業 種 社団法人
枚 数 3000枚
製品単価/枚 110円台
用 紙 片面晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ350mm
印 刷 1色(特色)
表面処理 なし
提げ手 穴タイプ PPヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

コストパフォーマンスが高い
片艶晒クラフト紙


用紙素材の中で最も安価な価格に、白紙に片滑処理を施して高めた印刷適正、クラフト紙ゆずりの強度と、コストパフォーマンスに優れた片艶晒クラフト紙を使用しました。
印刷適正に関してはやはりコート紙には劣るので、最高ランクというわけではありません。
しかし写真のようなグラフィックをお望みでなければ、十分満足いただける自信があります。


安価なのに利便性もバツグンな
PPヒモ


提げ手の中で最も安価なPPヒモを使用しました。
少ない枚数でのご注文だとどうしてもそこで単価が上がってしまうので、素材はなるべくコストを抑えたものを選ばれました。
印刷と合わせた赤色にされたので、全体的に統一感がうまれています。
ふわふわとして柔らかいのに強度がある、利便性の良さが魅力です。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

今回はコストを抑えることに重点を置いて仕上げました。 少ない枚数でのオーダーで単価110円台~はかなりお安い方かと思います。 更に削るところがあるとすれば、提げ手の取り付け方法を手作業で人件費のかかる穴タイプから、全工程を機械作業が可能なOFJタイプに変更することくらいでしょうか。