ホーム > 紙袋製作事例 > ビューティーサロン様の紙袋の事例

栃木県に店舗をかまえ、主にフェイシャルケアやボディーケアを行っているビューティーサロン様の紙袋事例です。 無添加のスキンケアグッズやサプリメントの販売もされているので、そのための紙袋でしょうか。 オンライン販売もされていますが、提げ紐付きの紙袋なので店頭販売用だと推測されます。 規格サイズオーダー(中サイズ)で製作しました。 女性に向けて製作されたことが分かる、とても可愛らしいデザインです。 普段サブバックとして持ち歩きたくなるようなデザインは、繰り返し使用してもらえることで結果として高い宣伝効果をうみます。 液体ビンなど重たいものを入れることも想定されているので、強度も高い仕様です。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(中サイズ)
業 種 ビューティーサロン
枚 数 非公開
製品単価/枚 非公開
用 紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅260×マチ10×高さ260mm
印 刷 特色1色+1色
表面処理 PPマットラミネート加工
提げ手 穴タイプ アクリル平ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

高い印刷適正に厚手のハリ。
頼りになるA2コート紙


高さを幅に合わせたことでコロンと可愛らしい正方形になりました。 この程度の大きさなら重たいものを入れて紙袋が変形するリスクは低め。 厚手のA2コート紙を選べば、底に段ボール台紙を追加しなくても多少重たくても大丈夫でしょう。 オプションなしもコスト削減のひとつ。 全面に印刷を施していることからも、印刷適正の高いA2コート紙が最適でした。


女性受けバツグンの手触り滑らか
オシャレアイテム


ターゲットが女性の場合、多く選ばれるのがこのアクリル平ヒモです。 アパレルショップ様の大きな肩掛け紙袋の提げ紐として、見掛けたことがある方は多いはず。 存在感が強く、紙袋全体をオシャレなイメージに仕上げてくれます。 今回はマチのベタ印刷に合わせた茶色をチョイスしたことで、全体に統一感がうまれました。 カラーは全36色のご用意があります。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

PP加工は2種類がありますが、今回はマットタイプをチョイス。 グロスタイプは強い光沢でグラフィックを美しく華やかに見せてくれますが、デザインによってはやや若年層向けに。 マットタイプは光沢がなく落ち着いた印象が特徴です。 どんな年代の女性も持ち歩きやすい、上品な雰囲気に仕上がりました。