ホーム > 紙袋製作事例 > 建設会社様の紙袋の事例

建設会社様の紙袋事例です。 こちらはロゴや社名を箔押しで表現しました。 輝くシルバーを選ばれたのでとてもリッチな印象を与えます。 また実際にボッコリと盛り上がっているわけではありませんが、異素材のフィルムをスタンプするので立体感もプラスされました。 とても強調されるので遠目からでも確認できるほどの存在感です。 オリジナル製作での最小枚数である300枚と少ない枚数での製作なので、イベント用かと思われます。 規格サイズ小ロットオーダーは規格サイズ(大サイズ)と同じ大きさで大容量サイズなので、広いイベント会場でも目立つこと間違いなしでしょう。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズ小ロットオーダー
業 種 建設会社
枚 数 300枚
製品単価/枚 340円台
用 紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ450mm
印 刷 -
表面処理 PPラミネートグロス加工 箔押し
提げ手 ハッピータック DX型
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

A2コート紙の厚みは
安定感のある上質さの証です


全体的にリッチな雰囲気なので、用紙もそれに答えられる上質なものを選ばれました。 箔押しは印刷というよりも加工なので印刷適正の高さからA2コート紙を選ばれたのではなく、157g/㎡と名刺程度の厚みがありとても使い捨てにされるペラペラの紙袋とは違うことからのチョイスだったのでしょう。 高級仕様の紙袋には必須のマストアイテムです。


無機質なハッピータック
だからこそオシャレ


全14色のカラーバリエーションから白色のハッピータックを選ばれました。 ビジネスシーンでよく見掛ける定番のハンドルですが、同じく異素材の箔押しと組み合わせることでなんだかとても高級な素材に見えてくるから不思議です。 やや無機質な感じがスタイリッシュでオシャレな印象に仕上がりました。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

箔押しは印刷とは違い、フィルムをスタンプするので立体感があります。 鮮やかなベタ印刷の上からでも、色とりどりのイラストが所狭しと描かれたデザインの上からでも、透けたりはしません。 強調したい場合にとてもオススメの加工です。 全38色がありますが、ご要望があればそれ以外も可能です。