ホーム > 紙袋製作事例 > 航空学校様の紙袋の事例

三重県にある学校法人様の紙袋事例です。 陸上自衛隊直営の航空学校だそう。 全面に写真を入れたことで絶対にマネできない個性的なデザインになりました。 すべて違うイラストや写真にしても、印刷費は変わりません。 予算を気にすることなく自由に表現してください。 また今回は大きなスタンダードオーダー(大サイズ)で製作したので、迫力満点の仕上がりです。 500枚と少ない枚数での製作であることや「式年遷宮」と記載されていることから、なにかイベント時に使用されるのでしょう。 卒業証書や記念品など、かさばるものも余裕をもって収められる便利なサイズになります。

この紙袋のスペック

プラン スタンダードオーダー(大サイズ)
業 種 航空学校
枚 数 500枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 片艶晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ260mm
印 刷 4色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ PPヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

片艶晒クラフト紙で
コストを抑えつつ表現


平滑処理をして印刷適正を高めた、片艶晒クラフト紙を使用しました。 写真を印刷する場合、一般的にはポスターにも起用されるコート紙を選ばれることが多いのですが、何よりもコストパフォーマンスの面では片艶晒クラフト紙に勝るものはありません。 単価の上がる4色印刷をされているので用紙はコストを抑える、メリハリをつけた上手な素材選びです。


最も安価なPPヒモで
コストダウンを狙う


提げ紐の中で、最も安価なPPヒモを使用しました。 柔らかいのに丈夫、重たいものを入れる場合にも適した素材です。 現存する紙袋や、見積もり段階でのコスト削減には、まず提げ紐から見直しをオススメしています。 意外と単価に大きく影響があるアイテムなので、こちらを安価なものに変えるだけでかなりコストダウンに繋がります。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

用紙、提げ紐、取り付け方法すべてにおいて、こちらが最安値のチョイスになります。 しかし見た目にチープさが出るわけではなく、デザイン性のある仕上がりになりました。 4色印刷に少数製作はコストが上がる要因なので、このようにこだわるところと力を抜くところメリハリをつけて組み合わせてみてください。

386