ホーム > 紙袋製作事例 > 農業関連NGO様の紙袋の事例

農業関連NGO様の紙袋事例です。 コロンビア産コーヒー豆の安定生産と生産者の生活の向上を目的に、消費促進活動を行っている団体様になります。 直接販売をされているわけではないので、イベント用紙袋ではないでしょうか。 10,000枚とかなりまとまった枚数でご注文いただきました。 国際的なイベントを開催されているので、来場者にコーヒーサンプルをお渡しする際に使用されているのかもしれません。 規格サイズオーダー(小サイズ)は小ぶりサイズなので、かさばらずに持ち歩けることからそういった用途に最適でしょう。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(小サイズ)
業 種 農業関連NGO
枚 数 10000枚
製品単価/枚 30円台〜
用 紙 片艶晒クラフト 100g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ260mm
印 刷 特色1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション 口ボール台紙入り 底段ボール台紙なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

片艶晒クラフト紙を
薄くしてトコトン経費削減


一般的な紙袋の厚みは120g/㎡程度が目安です。 今回は片艶晒クラフト紙100g/㎡とやや薄く設定されました。 見た目を変えることなくコスト削減できる方法です。 大サイズでは中に入れる容量も増えるためあまりオススメできませんが、小サイズなら問題はないでしょう。 ペラペラと頼りなく風になびくこともないので、ご安心ください。


強度の心配はご無用!
頼れる紙単丸ヒモ


紙単丸ヒモを選ばれました。 紙素材の提げ紐というと強度を不安視される声が聞かれますが、心配は無用。 特に今回のように用紙を薄く設定される場合、そこまで重たいものを入れる予定がないということなので、弊社としては安心してこちらを提案させていただきました。 安価なのでコスト削減にも繋がるコストパフォーマンスの高い素材です。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

ワンポイントの社名のみでも、ベタ印刷の白抜き社名でも、印刷費は同じです。 グラフィックの規模によって価格が変動することないのでご安心ください。 また弊社は紙袋の内側のみ、印刷NGとなっています。 他の部分でしたら、どこでも追加料金なしで印刷が可能です。 口の折り返し部分や、底までも!

449