ホーム > オリジナル紙袋作成サービス

オリジナル紙袋を業種によって自由にオーダー

オリジナル紙袋はショップの商品や業種により様々にカスタマイズしてオーダーが可能です。自由に選択できる素材を組み合わせて世界に一つのオリジナルな紙袋をお作りいただけます。当社にはお客様のお望みのサイズや素材などのご要望に応える体制が十分に整っておりますのでご安心してご利用いただけます。

オリジナル紙袋を制作する際はさまざまなサイズや素材からお好みのものを自由に選ぶことが可能です。ここではオリジナル紙袋の魅力をさらに引き出す『表面処理』に関して詳しくご説明いたします。

PP加工で張りと光沢を

印刷した後に、紙の表面に施す最後の仕上げが「加工」です。オリジナル紙袋に、ひと手間加えることで、高級感をプラスできます。紙袋に最もよく使われている加工は、PP加工です。これは、ポリプロピレン製のフィルムを印刷面に圧着する方法で、破れや水塗れに強くなります。特に、加工の中では最も破れに強くなりますので、重い物を入れる用途の紙袋には最適な加工と言えます。また、インクの発色もよくなるので、写真やイラストなどの細密なデザインがぐっと引き立ちます。PP加工には、高級かンの得られる光沢タイプと、上品な印象のマットタイプがあります。特にマットタイプは、独特のさらりとした手触りが得られます。加工費用はマットの方がやや割高となります。

ニス引きで部分的に強調する

PPと同じく、印刷面に光沢と強度を与える加工に「ニス引き」もあります。PPが登場する以前は、ニス引きが広く使われていました。こちらも印刷物によく使われる加工で、樹脂を塗布して光沢と強度をアップさせます。PPよりも強度や光沢は劣りますが、ニス引きの利点は、印刷面を部分的に加工できるところ。PPは紙全体を覆ってしまいますので、全面がピカッと反射します。ニスは強調したいところだけ塗布して目立たせたりといった使い方ができますから、お店や企業ロゴだけに塗布する、配置したイラストの上にだけ塗布する、といったことが可能なのです。印刷とは全く異なる図柄を上にのせることで、ジャガードの地紋のような表現も可能です。こちらも光沢タイプとマットタイプがあります。

箔押しなら高級感バツグン

ホットスタンプとも呼ばれる箔押しは、金銀などの金属質のフィルムを印刷面に圧着する加工です。金属製の凸版で圧着するので、加工した部分にエンボスができ、さらに存在感がアップします。箔は不透明で、下の印刷色に左右されません。キラキラとした光沢は高級感がありますので、ギフトボックスやメッセージカードなど、特別な用途の印刷物によく使われています。時計、ジュエリー、高級文具など、イメージを大切にするブランドの紙袋に最適です。使われる箔には、金銀だけでなく様々なカラーメタリックがあり、模様の入ったホログラムタイプもあります。加工費用が割高なので、大量生産には向きません。小ロットで特別仕様のオリジナル紙袋を制作される際に、取り入れてみてはいかがでしょうか。

オリジナル紙袋ベストチョイスのジャストニーズフルオーダーをご紹介します。ジャストニーズフルオーダーとは、サイズ・素材・紐・プリント・表面処理全てを独自にチョイスできる、どんな商品にも完璧にマッチする紙袋を作れる当社の一番人気プランになります。お好みのサイズ、使用用紙、印刷デザイン、表面加工、提げ手ヒモの種類、ヒモ色など、自分のイメージした通りのものを作ってもらうことができます。

オリジナル紙袋で付加価値を!

イベントで大量の資料を配るということになった際、紙袋や手提げ袋なども一緒に配布した方が好感度があります。
シンプルな無地の手提げ袋も良いと思いますが、ここがちょっとしたアピールポイントとなります。オリジナルものをここで用いることで、遊び心のあふれるユニークな印象を与えることができるかもしれません。

価格も1色印刷500枚で60円から、4色カラー印刷でも500枚で120円からなど、リーズナブルな仕様になっています。他社様には負けられません。

カラークラフト紙袋プランをご紹介

ナチュナル質のカラークラフトで仕上げた「カラークラフト紙袋」という少し変わった、低価格の手提げ袋もオーダー可能です。その名の通りこの手提げ袋は色紙を使ったものなので、表面はもちろん内面も色がついています。その名の通りこの手提げ袋は色紙を使ったものなので、表面はもちろん内面も色がついています。

A4サイズにも対応しているので、大きすぎることもなく、小さすぎることもありません。
それでいてA4ファイルと共に、500mlのペットボトルも入ることができるので、企業の強い味方です色も赤や黄、黒など6色から選ぶことができます。

禁断のお見積り大公開

事例総まとめ

オーダーの流れ