ホーム > 紙袋の表面処理について

クオリティを引上げる表面処理

このページでは、オリジナル紙袋には欠かせない『表面処理』に関して詳しく紹介をしております。
せっかく作った紙袋、大事にしたい・してもらいたい!当然のことですよね?
表面処理を駆使することでオリジナル紙袋の価値を何倍も引き上げることが可能なのです。

ラミネートでの表面処理には2種類のPPフイルムの選択ができます。

■PPラミネート グロス
■PPラミネート マット

PPラミネートグロスは光沢のあるフイルムになり、マットラミネートは光沢の無いツヤ消しのフイルムになります。

用途としては、紙袋に強度を持たせ、耐荷重に強くなり、破れを防ぐ効果が期待できます。また、刷色が擦れや水濡れによる色落ち、色移りを防ぐ為の最も有効な加工処理になります。紙製品の大敵になる水分に対いての耐水性対策には抜群の効果があります。

他にもラミネート加工を使う用途として、見た目の雰囲気が良くなるので高級感の演出にも一役買ってくれるおすすめの表面処理方法です。

PPラミネートとは

PPラミネートとは、紙袋、手提げ袋に加工する前に、紙表面にPPラミネートグロス(光沢有り)、PPラミネートマット(ツヤ消し)をラミネーター機で貼り合せる方法です。

PPラミネート グロスの特徴

PPラミネートグロスは紙袋表面により一層の光沢を持たせることができるので、華やかな仕上がりのサポートには最適な加工処理です。
ピッカピッカを好まれる紙袋ユーザー様にはお勧めの表面処理です。

PPラミネート マットの特徴

マットラミネートは紙袋表面の光沢なくし、ツヤ消しの落ち着いた高級感の演出には欠かせない最適な加工処理です。
しかし、刷色によっては、擦れキズや引っ掻きキズが目立つのが気になるユーザー様にはお勧めが難しいデリケートな表面処理です。

ニス引きは紙袋、手提げ袋に濃い刷色の範囲が大きい場合に色落ちを防ぐ為のおススメの表面処理です。
長期間の明瞭な発色を保つ為には欠かせません。PPラミネートよりもコストを抑えることが可能です。

PPラミネート グロスの特徴

擦れや、水濡れによる色落ちを防ぐ効果があります。
紙表面的にニス引き有、無しの違いは、あまり違いは分かりません。完璧な防止ではありませんが、色落ちにくくなります。完全な色落ちを防ぐにはPPラミネート加工をお勧め致します。

マットニスの特徴

紙表面的にマットニス引きは、若干のマットな感じが分かる程度で、刷色によってはマットニス引き有、無しの違いはほとんど分かりません。
完璧な防止ではありませんが、簡易の色落ち対策には機能します。完全な色落ちを防ぐにはPPラミネート加工をお勧め致します。

箔押しとは、ホットスタンプとも呼ばれ、圧力と加熱により、主にツヤ金箔、ツヤ消し金箔、ツヤ銀箔、ツヤ消し銀箔、メタリック箔、顔料箔(カラー)を紙袋や手提げ袋に転写する加工方法です。

箔押しを利用することでゴージャスな雰囲気でアピール度の高い仕上がりになります。通な箔押しの使い方は、ロゴ箔押しやエンブレムなどのワンポイントアクセント的な使い方ではないでしょうか。さりげないオシャレな演出で、(自己満足的でもありますが)キラリと光る仕上り感にきっとご満足いただけることでしょう。

3つのお約束

禁断のお見積り大公開

事例総まとめ

オーダーの流れ