ホーム > 手提げ紙袋をご依頼の方へ > オリジナルデザインで作成するメリット

仕上りデザインが良ければ、お気に入りのサブバッグに!

オリジナル紙袋にはデザインのセンスが投影されます。1色での印刷でもアイデア次第で良い仕上がりになります。ベストチョイスでは1色印刷の場合でも、紙袋マチ面の塗りつぶしがOKです。多色刷には多色刷の良いところはありますが、1色刷でできるデザインも捨てたものではありません。デザインを工夫してより長く活用いただけるサブバッグを目指しましょう!

お店で販売した商品を入れる紙袋や手提げ袋には、想像以上に高い宣伝効果をもたらすことがあります。多少コストはかかってしまっても、おしゃれなオリジナルデザインの手提げ袋や紙袋を制作して商品を販売した際に用いるようにすれば、購入した商品を持ち帰っただけで手提げ袋や紙袋がポイ捨てされたりはせずに他の用途に使い回される可能性が高くなります。長く使ってもらえる為のデザインを狙うのは広告としてはおおいの効果的です。

手提げ袋の魅力が商品の認知に一役買うことも

素敵な手提げ袋を制作していると、その手提げ袋が商品以上の人気を呼んで、手提げ袋欲しさに商品を購入する人が出てくるブランドも実際に存在します。お店の方としては、そのような状況を素直に喜ぶことはできないかもしれませんが、お店の知名度は確実に上がります。
いくら良い商品を提供していても、そのことを大勢の人に知ってもらうことができなければ、売上は伸びません。印象的なオリジナルデザインの紙袋を制作して、多くの人の目に触れさせることは、非常に重要なことなのです。

紙袋によるブランドイメージの浸透を狙え!

オリジナルデザインの紙袋を制作することで他店との差別化を図ることによって、ブランドとしての価値を確立することができるようになります。どうせ購入した商品を家に持ち帰るために使用する使い捨ての袋なのだからと既製品の安物の袋を使用していては、ブランドイメージを確立させることはできません。店舗の主張をおしゃれに盛り込んで、お客様には歩く広告塔になっていただきましょう!

一般的なショッピングバッグ製造メーカーの場合ですと、本社は日本国内にあっても、生産工場は人件費の安い海外にあるというケースが少なくありません。
海外生産で紙袋や手提げ袋を制作するようにすると、人件費を安く抑えることができる分だけ生産コストを節約することができます。
しかし、生産コストそのものは抑えることができても、海外工場から国内へ運ぶための運送費や中間業者のマージンなどの流通コストが発生しますので、お客様への販売価格が低くなっているわけではありません。

また、海外生産の場合は、国内生産に比べるとどうしても管理が甘くなってしまう部分が多いので、完成度の低い商品が提供されるケースが多いのが実情です。
オリジナルデザインの紙袋制作を依頼した際に、海外工場での甘いチェック体制の元で粗雑な仕上がりの製品が作られてしまったとしたら、わざわざオリジナルデザインのものを制作する意味がなくなってしまうおそれもあります。

紙袋ベストチョイスは100%国内生産

紙袋ベストチョイスであれば、国内で調達された原料を用いて100%国内生産していますので、安心してご注文していただくことが可能です。
確かに、国内工場で生産すれば、海外の工場で生産する場合に比べて人件費はかさんでしまいますが、当社は中間業者を通さずに全ての顧客様と直接取り引きをさせていただいていますので、中間マージンの類いは一切発生しません。

国内工場での行き届いた管理の元で生産される信頼性の高い商品を低価格で提供させていただいていますので、ぜひ利用を検討していただきたいと思います。

禁断のお見積り大公開

事例総まとめ

オーダーの流れ