ホーム > 手提げ紙袋をご依頼の方へ

手提げ袋の印刷箇所は自由自在に設定できます

手提げ袋の印刷箇所にお困りですか?何も迷うことはございません。当店では表面・裏面・マチ・底・口とあらゆる箇所に自在に印刷が可能となっております!……なるほど、デザイン面で決めかねていらっしゃるのであればまずは一度ご相談ください。紙袋のプロが一緒にお客様の理想のデザインを形にいたします!!

ここでは手提げ袋の印刷に関してですが、紙袋面全体が大きな紙製のキャンバスだと思って頂いても大丈夫です。紙袋面に対しての印刷範囲に制限はありません。ましてや、口折込部分や、底面に対してのデザインも若干の規定はあるものの、デザインやホームページアドレス、一言コメントや感謝のお言葉をデザイン印刷することができるのです。デザイン次第では、小さな紙袋や手提げ袋たちには、大きな広告宣伝アピール能力を持ち合わせています。

側面を最大限、利用するデザイン

弊社の手提げ袋には、印刷可能範囲を特に設けていません。実際には、重ねて糊付けする部分がありますから印刷してもあまり意味がないスペースもありますが、基本的には紙袋全体をキャンバスと思ってデザインしていただいてかまいません。側面に住所や電話番号などの詳細情報を入れるデザインはよく使われています。正面はロゴやイラストだけで、大胆にスッキリできますね。また、逆に側面にキャッチーなデザインを入れるのもアリです。人が紙袋を持ち歩いている時、実は人の目にとまりやすいのは側面なんです。正面はすれ違う時にチラリとしか見えませんが、側面は後ろを歩いている人の前にずっとあります。「あれは何だ?」と思わせたら勝ちですよね。

折り返し部分に隠れたメッセージを

全ての面に印刷できますから、口周りの折り返し部分への印刷も可能です。表面と図柄が続いているパターンはよく見かけますが、ここにだけアクセントとなるような、表とは異なるデザインを入れるのもオシャレです。表は無地で口周りの裏側だけ花柄だったり、表は黒で裏だけビビッドな色を入れるなど、ちょっとギャップがあるデザインがおすすめです。また、この部分に文字情報を入れることも可能です。セール情報や会員サイトのURL、「お買い上げありがとうございます」などの感謝のメッセージなども面白いでしょう。また、ちょっと控えめに入れたい情報にも向いたスペースです。例えば、「売り上げの一部が寄付されています」といった、企業のCSR活動についてのキャッチコピーは、ごく控えめに書かれている方が好ましい印象を与えます。下げ紐が穴タイプの場合は印刷にかぶってしまいますので、穴部分だけ避けるよう注意して下さい。

正面と裏面、もちろん違うデザインもOK

裏と表、異なるデザインの紙袋は、遊び心があっていいですね。イラストがぐるりと続いていたり、表と裏でまったく異なるデザインも面白いでしょう。季節によって手提げ袋の図柄を変えるような業種が、こんな手提げ袋をよく用いています。例えば、スターバックスの持ち帰り用紙袋は、スタンダードなものに加えて、イベントシーズンにはスペシャルデザインの紙袋が登場します。毎回とてもデザインが凝っていて、表と裏が異なることが多いです。クリスマスの時期に使われていたものでは、表がサンタクロース、裏がクリスマスツリーといった具合です。

多くの手提げ紙袋は基本的には同じ構造をしており、ある程度の重量までは耐えられるようになっています。
当社がオリジナルデザインを印刷して提供している紙袋も構造は基本的には同じものですが、通常よりも頑丈な素材を使用しているので強度が他社製品よりも強くなっています。
そのため破れにくく、濡れてもすぐには破けない手提げ袋を実現することができており、かなり魅力的な手提げ袋を制作することができます。

基本的には一枚の大きな紙を包むようにして強力な接着剤で底の部分を接着しているだけなのでぬれたりとがっているものが底にあたってしまうと簡単に破けてしまう場合が多いです。
しかし、底になる部分だけ紙の強度が増すように紙を折り返して二重にして接着することでかなり強固な手提げ紙袋を制作することができるので工夫次第でコストをかけずにかなり頑丈な紙袋を制作することができます。
一般的に工場で大量生産されている手提げ袋はあまり強度が強くはないので構造やその袋の作り方及び接着剤の微妙な量の違いでかなり強度が異なってきますが、ある程度工夫することで当社が扱っているような強度の高い手提げ袋を提供することができます。

長く使われるショップバッグの特徴

近年は多くの若者やおしゃれに敏感な人々がオリジナルデザインの紙袋などを普段の持ち歩き用の袋として活用していることが多いです。
特におしゃれな紙の手提げ袋などは環境にも優しく女性にとっては便利に活用できるので特に人気が高いです。
手提げ袋は使用した後は折りたたんできれいに片づけられるためにあまり場所を取らずに持ち歩くことができ、紙製なので環境にも優しいという面でかなり人気が出ています。
また手提げとして気軽に利用でき、使えなくなるほどに壊れてしまったならば処分も簡単にできるので特に便利に利用されています。

基本的にデザインがあまり主張せずにおしゃれな印象を持たせることができればどんな時でも利用することができ、多くの場所でユーザーに使ってもらうこともできます。
頑丈でぬれてしまっても壊れにくいようなデザインのものは特に長く使われるので当社が提供しているようなデザインの手提げは特に魅力的でしょう。
一般的にベースは茶色の紙袋で小さめのロゴなどが多少見える程度に刻印されていたほうがおしゃれに活用することができるので、長く使用されることが多いです。
無難なデザインであれば様々な場面で袋を活用してもらえるのでそれだけ宣伝効果を期待できます。
電話番号やQRコードなども上手に印刷しておけば見込み客を獲得するためのきっかけにすることもできるでしょう。

手提げは女性だけではなく男性に使われることも多いので、男女ともに利用できるようなデザインの物を利用しておくとかなり便利にビジネスチャンスを獲得できるでしょう。
あまりデザインが主張しすぎないもので、ある程度の頑丈さがあるショップバッグができればそれだけ販促効果も集客・宣伝効果も期待することができるのではないかと思われます。

禁断のお見積り大公開

事例総まとめ

オーダーの流れ