ホーム > 紙袋製作事例 > 医療機器メーカー様の紙袋の事例

医療機器メーカー様の紙袋事例です。 赤色は企業様のイメージカラーのよう。 白色の発色が通常のコート紙よりもアップされているミューコートネオスを使用しているので、赤色がよく映えて美しいデザインになりました。 よく見ると口部分の内側にも印刷があります。 持ち歩きの際には見えないので、イメージキャラクターや企業理念など、目立たせるとくどかったり世界観と合わないものをソッと忍ばせることもできます。 価格の変動はないので、ぜひ活用してください。 大きさはスタンダードオーダー(小サイズ)で製作しました。 両手に収まるほどの大きさなので、小物を入れるのに適しています。

この紙袋のスペック

プラン スタンダードオーダー(小サイズ)
業 種 医療機器メーカー
枚 数 500枚
製品単価/枚 180円台
用 紙 ミューコートネオス 157g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ195mm
印 刷 印刷3色 (DIC594、DIC2429、黒)
表面処理 マットラミネート加工
提げ手 穴タイプ アクリル丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

美しい白紙で他と差をつける
ミューコートネオス


ミューコートネオスはコート紙の一種で、白紙をより白く発色良く改良された用紙です。 せっかくなのでアレコレと鮮やかなグラフィックを載せるよりも、今回のように白紙を活かしたシンプルなデザインで使用されるのがオススメ。 A2コート紙と同じく157g/㎡の厚みがあるので、しっかりとしたハリで口を開けて置くと自立します。


人気のアクリル丸ヒモで
イメージカラーを念押し


提げ紐には女性からの支持が高い、アクリル丸ヒモを使用しました。 コロンとした可愛らしいフォルムに柔らかい手触りが、人気の秘訣です。 全48色のカラーバリエーションから、印刷に合わせ赤色を選ばれています。 耐久性・耐水性バッチリのアクリル製でしっかりとした存在感があるので、企業様のイメージカラーの印象付けにも適役でしょう。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

ミューコートネオスもコート紙の一種なので、表面加工は必須になります。 底やサイド部分の折り目から印刷が割れてしまうことを防ぐためなので、どうしてもセットになることをご了承ください。 しかし見た目にも美しく耐久性・耐水性が格段にアップするので、予算以上の利点があると思います。