オリジナル紙袋ベストチョイスHOME > 紙袋製作事例 > 和雑貨店様の紙袋の事例

オリジナルのTシャツを中心に、日本古来の模様や愛らしい妖怪のキャラクター、浮世絵などをモチーフにした和風の雑貨を製造・販売されているお店様の紙袋事例です。 外国からの観光客にもお土産として大人気だそう。 未晒クラフト紙はナチュラルな印象の強い素材ですが、提げ紐の鮮やかな黄色がアクセントとなって、どこかポップな雰囲気でオシャレな仕上がりです。 お店の遊び心あふれるデザインやコンセプトが伝わります。 トートバックやトレーナーなどの厚みがある物の取扱いもあるので、大きめの規格サイズオーダー(大サイズ)で製作しました。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(大サイズ)
業 種 和雑貨店
枚 数 1,000枚
製品単価/枚 68円台
用 紙 未晒クラフト紙 180g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ270mm
印 刷 1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

未晒クラフト紙で
お店の世界観をアピール


黒色1色印刷を白紙に施すと、モノトーン調でクールな印象になります。 今回は個性的なキャラクターをふんだんに使った商品を製造・販売されているお店様なので、求める雰囲気がすこし違います。 そこで茶色く紙らしい風合いがどこか優しい印象の未晒クラフト紙を使用しました。 味のあるデザインとマッチして、独自の世界観が完成しました。


鮮やかなカラーの紙単丸ヒモで
ポップな印象に


紙単丸ヒモは紙素材なのでどんな用紙とも合います。今回はアクセントとして使用しました。 茶色い用紙に鮮やかな黄色がよく映えます。 提げ紐も用紙と同系色にすると、未晒クラフト紙のもつイメージが強いためエコやナチュラルといった世界観になりがちです。 それが提げ紐のカラーによって、ガラリと一気にポップな印象に早変わり。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

今回は大きなサイズにもかかわらず、単価60円台~とかなりお安く収まりました。 もしも小サイズだったら破格値だったかもしれません。 しかし実はもっとコストダウンできる点があります。 例えば用紙の厚みをやや薄くしてみたり、思い切って製作枚数を増やしてみたり。 長年にわたり業界の最前線を走り続けている弊社だからこその秘訣が他にもたくさんあります。 お気軽にお問合せください。