ホーム > 紙袋製作事例 > 化粧品ブランド様の紙袋の事例

化粧品ブランド様の紙袋事例です。 主にインターネットを中心に基礎化粧品を販売されています。 店舗はないので、販売用の紙袋ではなさそう。 300枚と少ない枚数であることからも、展示会などのイベント時に使用されるのでしょうか。 スタンダード小ロットオーダーで製作しました。 基礎化粧品のどんなに大きなボトルでも女性が片手で持てるほどの大きさなので、幅320は化粧品を入れるにはやや大きめ。 しかしA4書類はラクに収まるので、一緒にカタログなどを入れることもでき、展示会でサンプルと商品説明を入れるのに最適です。

この紙袋のスペック

プラン スタンダード小ロットオーダー
業 種 化粧品ブランド
枚 数 300枚
製品単価/枚 100円台
用 紙 片面晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ250mm
印 刷 1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙三本ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

片艶晒クラフト紙は
美しく安価で人気爆発


少数製作の場合、どうしても単価があがってしまうので素材のチョイスで上手にコスト削減を図ることをオススメします。 片艶晒クラフト紙は扱いやすい白紙なのに、用紙の中で最も安価な素材です。 またナチュラルで優しいツヤがあり、見た目の美しさという点ではこれだけで十分に役割を果たすので、表面加工は必要ありません。


紙三本ヒモはOFJタイプで
美しく接着がオススメ


紙三本ヒモは紙テープを3本合わせて結うことで、しっかりとしたロープのような太さになっています。 紙は束ねると硬くなるので、芯を入れなくてピンと自立します。 そこで取り付け方法はボンドで接着するOFJタイプがオススメです。 2本が同じ方向に並ぶので美しく映えます。 穴タイプだとどうしても紐が遊んでしまい、キレイに並んでくれません。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

弊社ではワンポイントのロゴを置く場所などの相談はお受けしますが、基本的にデザインの作成などは行っていません。 しかし今回のような枠縁のあるデザインは、展開図データにはめ込む際に塗り足しが必要になる場合がございます。 その程度のデータ微調整ならお任せください。