ホーム > 紙袋製作事例 > コンサルティング会社様の紙袋の事例

地域振興事業を展開している、コンサルティング会社様の紙袋事例です。 地域の特産品を販売するショップもあるそう。 日本人には親しみ深い紅白を基調としていることや、ロゴが手書き風でキャラクターのように作用していることから温かい印象になっています。 3000枚とまとまった数での製作なので、日常使いされるのでしょう。 商品をお買い上げいただいたお客様へお渡しする販売用かもしれません。 規格サイズオーダー(大サイズ)はA4書類を横にして入れられるほどのサイズがあるので、箱入りの贈答用お菓子なども余裕をもって入れられます。

この紙袋のスペック

プラン 規格サイズオーダー(大サイズ)
業 種 コンサルティング会社
枚 数 3000枚
製品単価/枚 40円台〜
用 紙 片艶晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ320mm
印 刷 1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

片艶晒クラフト紙で
2種類の質感を楽しむ


片艶晒クラフト紙は片面にだけ平滑処理を施しているので中はザラザラ、外はツルツルとおもしろい2つの質感が楽しめます。 表面は印刷適正をあげるために処理済みがいいけれど、本当は優しい質感のある未処理の晒クラフト紙の方が企業イメージに合っている、そんな場合にもオススメです。 中のものを取り出す時に、その柔らかい雰囲気が感じられるでしょう。


印刷に合った優しい雰囲気
を保つには紙単丸ヒモ


印刷に合わせて赤色の紙単丸ヒモを使用しました。 全工程を機械で行えるコストパフォーマンスに優れたOFJタイプでの取り付けです。 こちらようにほんわかした世界観を維持しつつ、コスト削減を図るならこちらの組み合わせが最安値でしょう。 提げ紐の中で最も安価なPPヒモは異素材なので、今回求める雰囲気とは少し違いました。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

規格サイズオーダーは弊社で幅とマチを固定している代わりに、最安値でのご提供が実現できています。 高さだけだと物足りないと感じてしまうかもしれませんが、幅に高さを合わせることで正方形、幅より高さを短くすることで横長の長方形と、個性の出し方は様々です。

389