オリジナル紙袋ベストチョイスHOME > 紙袋製作事例 > カフェ様の紙袋の事例

カレーとコーヒーが人気のカフェ様の紙袋事例です。 テイクアウトメニューもあるので、お持ち帰り用としてお客様へお渡しする紙袋でしょうか。 身体に良さそうなものが入っていそうな飾らなさがナチュラルで印象的なデザインです。 ジャストニーズフルオーダーを使用してマチ150mmと広めに設定し、安定感のある形状に仕上げました。 カレーにしろコーヒーにしろ、液体食品なのでこういった配慮は必須でしょう。 底にはオプションで段ボール台紙を追加したので、更に安定するだけでなく万が一こぼれても底から染み出てくるのを防いでくれます。

この紙袋のスペック

プラン ジャストニーズフルオーダー
業 種 カフェ
枚 数 2,000枚
製品単価/枚 50円台
用 紙 未晒クラフト紙 120g/㎡
サイズ 幅260×マチ150×高さ280mm
印 刷 1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料

製作した紙袋の特徴

未晒クラフト紙で
お店のコンセプトを伝える


今回は店名だけのシンプルなデザインなので、全体の印象を決めるのは用紙素材選びにかかっています。 エコやオーガニックといった印象の強い未晒クラフト紙を選ばれたことで、無添加食品を使用しているのかな??と思わせる素朴な優しさが演出できました。 わざわざ書かなくてもお店のコンセプトが分かってもらえます。


紙単丸ヒモでコスト抑えて
優しい雰囲気つくり


未晒クラフト紙との組み合わせで最も選ばれているのは、紙素材である紙単丸ヒモと紙三本ヒモです。 紙素材は優しい雰囲気があるので、ナチュラルな世界観にベストマッチでしょう。 どちらの提げ紐を選ばれるかは好みかもしれません。 とは言え、紙単丸ヒモの方がコストは安いので、予算に限りがある場合はこちらがオススメです。

紙袋を製作する時の!ワンポイントアドバイス

細く華奢なシルエットの紙単丸ヒモをご覧になると、紙でできていることもあってか強度を不安視される声が聞こえてきます。 ですがこう見えて、両手で思いきり左右に引っ張っても切れることはなく、紐自体の強度は10キロ程度まで耐えることができます。 そこまで重たい物を紙袋に入れることはあまりないと思うので、実質心配はご無用ということです。 どうか安心してお使いくださいませ。